【読者投票】共通テストや入試を予定通りの日程で実施 賛成?

文科省は6月17日、大学入学共通テストについての実施案をまとめ、高校、大学関係者との協議に提示しました。本試験は予定通り実施し、同時に出願時から選択できる追試験を2週間後に設定、さらにウイルス感染などによって追試を受けられなかった受験生を対象に、その2週間後に「追試の追試」を実施。総合型選抜(旧AO入試)は2週間後ろ倒しする一方、学校推薦型選抜(旧推薦入試)は予定通り。国公私立大の一般選抜(個別試験)は、追試験の設定や出題範囲の工夫などを前提に、予定通りの日程で実施されます。

前日の16日には、全国高等学校長協会(全高長)が「実施時期を一体的に1カ月程度後ろにずらすことを求める」とした要望書を文科省に持参し、同省が「(私立を含めた)全ての高校の意見としてまとめてほしい」として受け取らないという一幕がありました。しかし協議では全高長が歩み寄り、全ての大学高校関係者が大筋で了承した形です。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから
Facebookコメント
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。