塾もオンライン化に一苦労 コロナ対応を塾経営者が語る

このコロナ危機を、学習塾はどう乗り越えたのか――。超教育協会(会長・小宮山宏三菱総合研究所理事長)は6月17日、教育関係者らに新型コロナウイルスへの対応を聞くオンライン講演会を開き、九州地方などで学習塾の英進館を運営する筒井俊英・英進館社長が、授業のオンライン化に向けた対応などの苦労を語った。

筒井社長は「緊急事態宣言で4、5月に授業ができなかったのは、塾業界にとって大きなショックだった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。