高校生の就職で地域格差拡大 コロナで進路指導に不安

新型コロナウイルスによる景況感の悪化で厳しさを増す、来春卒業予定の高校生の就職活動を巡り、関係者らが問題を話し合うセミナーが6月17日、開かれた。高校生の就職支援を行う企業や団体からは、求人倍率などの地域間格差が広がる懸念が示され、高校で進路指導を担当する教員らは、限られた期間で十分な進路指導が行えるのかと不安を述べた。

高校生の就職支援サイトを運営するジンジブが主催。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。