【教科担任制】外国語・算数・理科で優先導入案 中教審

中教審初等中等教育分科会「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」の第10回会合が6月18日、WEB会議で開かれ、2022年度をめどに本格導入が予定されている小学校高学年からの教科担任制について、外国語・理科・算数を優先的に専科指導の対象とする案を文科省が示した。

同省は、一般的に抽象的な思考力が高まる小学校高学年から教科担任制を導入することで、授業の質の向上や教員の負担軽減、小中の円滑な接続などの実現を目指したい考え。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。