「わいせつ教員」は懲戒免職 性犯罪・性暴力対策を強化

性暴力の被害を受ける子供が後を絶たない中、内閣府、文科省、警察庁、法務省、厚労省の局長級で構成する政府の「性犯罪・性暴力対策強化のための関係府省会議」が6月18日までに開かれ、性暴力の未然防止や被害者の支援につなげる各府省の取り組みを決めた。児童生徒らにわいせつ行為をした教員を原則として懲戒免職とすることや、児童生徒らへの啓発教育と相談体制を充実させることなどが盛り込まれ、2022年度までの3年間を性犯罪・性暴力対策の「集中強化期間」とするとした。

関係府省は今年度から2022年度までの3年間とした性犯罪・性暴力対策の「集中強化期間」に、刑事法の在り方の検討、被害者支援の充実、加害者対策とともに、教育・啓発の強化に取り組む。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。