コロナ危機の影響は深刻 専修学校などの学生に調査

東京都専修学校各種学校協会は6月15日、「学生生活の現状に関するアンケート」の調査結果を発表した。専修学校と各種学校で学ぶ学生に、コロナ危機が学生生活や学業に及ぼす影響を聞いたところ、95%の学生が負担を感じていた。アルバイト収入がなくなったことなどで、学業継続に不安を感じ、学費の減免など救済措置を求める学生も多いことが分かった。

新型コロナウイルス感染症の影響を「大いに感じる」と答えた学生は73%で、「少し感じる」の22%と合わせると95%に達した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。