感染予防と心のケアに尽力 集団感染の守恒小が学校再開

新型コロナウイルスに児童6人が集団感染し、厚労省から児童間で感染が広がった可能性があると指摘された北九州市小倉南区の守恒小学校が6月18日、分散登校で学校を再開した。5月29日から20日間に及んだ臨時休校の間、学校独自の感染予防対策を講じ、友達から感染者の出た児童たちの心のケアにも尽力して、学びの遅れを取り戻す早期の学校再開に踏み切った。

同小では5月28日に児童1人の新型コロナウイルス感染が分かり、6月5日にかけて、さらに児童5人の感染が確認された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。