「教員免許の在り方、議論していきたい」 萩生田文科相

教員免許を国家資格に変更したり更新講習を1回のみに変更したりする教員制度の見直しについて、萩生田光一文科相は6月19日の閣議後会見で質疑に応じ、「教員の志願者が減っている事態を考えると、やっぱり働き方を見直していく必要がある。少し静かな環境で、これからの先生のあるべき姿、免許の在り方も議論していきたい」と述べ、改めて今後の課題として取り組む考えを示した。

萩生田文科相は、先の講演で言及した教員免許の国家資格化を巡る発言について、「あくまで私見」と断った上で、「(新型コロナウイルスの感染拡大による)厳しい状況の中で、子供たちを守るという思いから先生たちは現場で取り組んでいる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。