子供の窒息や誤飲のヒヤリ・ハット 保育士の3割が経験

子供の窒息や誤飲に関するヒヤリ・ハットを経験したことのある保育士が3割に上ることが、消費者庁が保育士へのアンケート調査を基にまとめたレポートで6月22日までに、明らかとなった。

同レポートでは、保育士が受ける研修の中で、窒息や誤飲の対処法の実技訓練が心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)に比べると行われていない状況も指摘し、発生から短時間で重症化しやすい窒息や誤飲の事故防止に向けた対策強化を提言している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。