市長が加害児童生徒の出席停止勧告も 岐阜市が改正案

昨年7月に岐阜市内の中学生がいじめを原因に自殺した問題を受け、同市教委は6月22日までに、「岐阜市いじめ防止等対策推進条例」の改正案を公表した。市長が市教委に対し、加害児童生徒の出席停止を勧告できることや、市全体でいじめ問題について考えを深める「いじめを見逃さない日」を毎月3日に新設することなどを、新たに盛り込んだ。

同市教委によると、改正案では学校や教職員、市などの役割と責任について、より具体的に明記した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。