熱中症対策優先、マスク外す判断も 文科省マニュアル追記

学校活動の中で熱中症対策を優先し、児童生徒にマスクを外すよう求めるケースの判断基準について、文科省は6月22日までに、衛生管理マニュアル「学校の新しい生活様式」を改訂して追記した。児童生徒が暑さで息苦しいと感じた時などには、マスクを外したり、一時的に片耳だけかけて呼吸したりするなど、本人の判断で適切に対応するよう指導することを求めている。

衛生管理マニュアル「学校の新しい生活様式」の改訂は6月16日付で行われ、都道府県などの教育委員会に通知された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。