働き方改革は片付けから 元教員の丸山瞬さんが秘訣語る

教員の労働問題の社会的関心を高めようと活動する学生団体「Teacher Aide」が主催するオンラインイベントが6月20日に開かれ、教育新聞で「片付けから始める学校の働き方改革」を連載した、元小学校教員で整理収納アドバイザーの資格を持つ丸山瞬さんが講演。自身が前年度まで勤務していた小学校で実践してきた片付けの秘訣(ひけつ)を語った。

愛知県で7年間、小学校の教員をしていた丸山さんは、教員の長時間労働の問題に関心を寄せるようになり、その解決策として、職員室をはじめとする職場環境の改善を目的とした片付けに着目。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。