プールの遊具下での児童溺死を検証 小学校でも類似事故

昨年8月に遊園地のプールで女子児童が溺死した事故について、消費者庁の安全調査委員会は6月19日、事故の原因となった水上設置遊具の使用などに関する安全対策をまとめた報告書を公表した。類似事故を調査した結果、小学校のプールに設置した遊具の下で児童が溺れた事故が過去2件発生していたとして、文科省に各学校へ注意を喚起するよう求めた。

昨年8月の事故は、東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールで、当時小学3年生の女子児童がライフジャケットを着用した状態で水上設置遊具から誤って転落。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。