困窮世帯の子供への学習支援を強化 カタリバが新事業

子供たちに学びの場や居場所を提供する事業を展開しているNPO法人「カタリバ」が6月22日、オンラインで会見を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で生活が困窮した世帯の子供を支援する「あの子にまなびをつなぐプロジェクト」を開始すると発表した。家庭にインターネット環境がない困窮世帯の子供にパソコンやWi-Fiを無償で貸与し、オンラインを活用した多彩な学習支援に取り組む。事業資金に充てるため、クラウドファンディングでの寄付を呼び掛けている。

カタリバは新型コロナウイルス感染拡大により学校の長期休校が始まった3月に、子供たちがZoom上で双方向のやりとりができる無料の居場所「カタリバオンライン」を開設したほか、オンライン面談による学習支援などを行ってきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。