三重県教委がアプリ開発 いじめ投稿をスクショで報告

三重県教委はSNSでの不適切な書き込みを報告できるアプリ「ネットみえ~る」を開発し、6月23日から同県内の児童生徒や保護者を対象に利用を開始した。いじめや不適切な書き込みをスクリーンショットで撮影し、アプリで投稿する仕組み。

同県教委はこれまでもネット上でのトラブル防止のため、学校名や関連するキーワードを検索し、ネットパトロールを実施してきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。