【読者投票】スマホの持ち込み 中は容認、小は禁止に賛成?

文科省は6月24日、「学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議」の今年度第2回会合を開き、これまで原則禁止とされてきた中学校への携帯電話の持ち込みを、一定の条件の下で容認する方針を示しました。一方、小学校は引き続き「原則禁止(状況に応じて対応)」で、高校・特別支援学校も各学校の判断に委ねる方針です。

容認したのは、登下校時に緊急事態が発生した場合に、生徒が連絡手段を確保できるようにすることが主な理由で、持ち込みの対象となるのはスマートフォン、フィーチャーフォン(従来型の携帯電話)、子供向け携帯電話です。携帯ゲーム機やタブレット型端末は含めません。

学校・教育委員会が持ち込みを認める場合は、学校と生徒・保護者との間で、学校での管理方法、トラブルが起きた場合の責任の所在、正しい使い方に関する指導などについて合意をし、必要な環境の整備や措置を講じることを求めました。また、校内での利用制限をして、教育活動への支障がないよう配慮する必要があるとしました。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから
Facebookコメント
匿名フォームから寄せられたご意見

7月3日午前11時までに、匿名フォームを通して寄せられた本テーマへのご意見です(コメントに関する禁止事項に該当しない限り、すべてのコメントをアップします。当社は、特定のユーザーの提言や意見についてそれを支持することはありません)。


〇asitawahareruyo(教諭、45~55歳)
学校へのスマホ持ち込み
公立ですが、うちの小学校では容認です。自己責任と学校内での使用は禁止でランドセルから出さないこと。もう6年以上そうだけど、問題が起きたことはない。
〇えり(臨時教員・講師、35~44歳)
中学生の息子がいます。クラスのLINEグループにみんな登録してるからと入ったみたいですが、3時間も見ずに放っておくと1千件ものコメントがあり、見せてもらいましたが、ただの呟きのような、意味がほとんどわからないことだらけでした。本人もあまり意味をかんじていないようですが、グループを抜けるとクラスで浮いてしまうのではと抜けられないようです。最近暇さえあれスマホをいじっているので、連絡があれば個別に連絡してねって言って抜けるよう言っていますが、なかなかすんなりいきません。なので、スマホ持ち込みには断固反対です。登下校中に携帯を見ながら帰ってくるのは目に見えています。危険だし、もっとトラブルが起きると思います。
〇hiro(臨時教員・講師、35~44歳)
スマホをいつから持たせるかという論議はもう止めにしませんか? 保護者の責任で持たせる持たせないを判断すればよい。
・その影響が他の児童生徒に与える影響を周知しておけばよい。
・学校生活が円滑にできるルールを地域を巻き込んで作ればいい。
・ルールに従えない保護者は自分の考えに合った学校に行けるシステムを作る。
学校は、社会生活に必要な最小限の基本的ルールと発達年齢に応じた発達の課題(教科学習を含む)を学習する場であることをきちんと保護者に説明し、きちんと物事の判断ができる人間を作る場であることを発信していくことが必要であると考える。
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。