「再登校圧力」にしないで 休校明けも不登校配慮を

一斉休校明けのいじめや不登校に留意する必要があるとして、NPO法人「ストップいじめ!ナビ」は6月24日、声明を公表した。カリキュラム消化のための「過剰指導」や、衛生面の「過度の強要」が児童生徒のストレスや心理的疲労を高め、いじめや不登校を生み出しやすい環境をつくると警鐘を鳴らした。さらに学校再開を、休校以前から不登校だった子供たちへの「再登校圧力」にしないでほしいと呼び掛けた。

声明では、まず学校に行きづらい子供たちへの配慮を要望。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。