追検査やオンライン面接も 高校入試に感染症対策要請

新型コロナウイルスの影響が憂慮される2021年度の高校入試について、文科省は、それぞれの地域ごとに試験会場、試験方法に見合った感染予防対策を講じ、感染などで当日に試験を受けられない受験生のために追検査の設定も求めるなどの留意事項をまとめ、6月22日付で各都道府県、指定都市の教育委員会などに通知した。受験生が通う中学校や近くの公共施設を試験会場とすることを認め、受験生側と高校の双方にICT環境が整っていればオンラインでの面接試験もできるとした。

新型コロナウイルス感染症については今後も持続的な対策が必要だとし、試験会場では「密集」「密接」「密閉」の回避や、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」など基本的な感染症対策を求め、今後の感染の推移と政府方針を踏まえて、地域の事情や試験会場、試験方法に見合った対策を講じてほしいとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。