都立特支2校の教員が新型コロナ感染 両校とも学年閉鎖

東京都立の特別支援学校2校で、教員それぞれ1人が新型コロナウイルスに感染したことが分かり、都は6月24、25の両日、教員から指導を受けて、濃厚接触者とされた児童生徒が在籍する学年を閉鎖すると発表した。教員の感染が判明したのは、多摩地域と23区内にある特別支援学校。多摩地域では男性教員、23区内では女性教員の感染が確認された。保健所の指示により、多摩地域の特別支援学校は7月3日まで、23区内の特別支援学校は7月2日まで、濃厚接触者の出た学年を閉鎖するとした。

6月1日に都立高校や特別支援学校が再開されてから、学級単位も含めて、都立学校の閉鎖は初めて。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。