少年院の子供 通信制高校への編入・単位認定拡充へ

少年院に入っている子供に高校教育の機会を保障するため、法務省は6月25日、少年院や通信制高校の関係者による検討会を立ち上げた。出院時に進学を希望しながらも実現できないまま出院するケースがあることから、通信制高校との連携を強化して編入や単位認定などを進める。今秋には議論をまとめ、来年度には一部の少年院と広域通信制高校の間で、モデル事業を開始する。

検討会では主に、在院者の通信制高校への編入学と出院後の継続的な在籍、少年院で行われている矯正教育の高校における単位認定などを議論する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。