N高とメルカリがPBL型の授業 生徒がビジネスを提案

20年後の社会を想像して、新しい価値交換のビジネスを高校生が提案――。広域通信制高校のN高校は6月26日、フリマアプリによる個人間売買サービスを展開する「メルカリ」が協力したプロジェクト学習の発表会をオンラインで開いた。

5月からスタートし、約1カ月半にわたって展開された「Project2040 20年後の価値交換を考える」と題したこのプログラムでは、メルカリの社員による最新技術に関する講演やグループワークを通じて、生徒は20年後の社会で普及していると思われる新しい技術を活用したビジネスやサービスを企画。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。