デジタル教科書の普及加速 授業時数基準見直しも、文科相

GIGAスクール構想の進展を受け、萩生田光一文科相は6月26日の閣議後会見で、デジタル教科書の普及を加速させる考えを示した。学習者用デジタル教科書を使用する授業時数基準の見直しや、来年度予算で必要な措置にも取り組む。また、昨年の給特法改正に盛り込まれた変形労働時間制の導入に必要な省令などについて、7月上旬に制定する考えを明らかにした。

萩生田文科相は「GIGAスクール構想は当初、4年間をまたいで整備する予定だったので、この中でデジタル教科書の効果や影響に関する実証研究事業を進めてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。