保育の質向上の基本方針 厚労省検討会が議論取りまとめ

保育の質の確保・向上に関する方向性を議論している厚労省の検討会は6月26日、第10回会合を都内で開き、保育現場に求められる基本的な考え方や取り組み方針を示した、これまでの「議論のとりまとめ案」を検討し、大筋で了承した。とりまとめ案では、保育士同士による日々の実践の学び合いなどを通じて、質の改善に取り組んでいくことの重要性をうたった。

同案では、遊びを子供にとって重要な学びと捉え、発達の個人差がある一人一人の子供に応じた保育を提供していることなどが、日本の保育の特色として挙げられるとし、保育士による子供への共感的・受容的な関わりが大切にされていると指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。