オンライン授業の鍵を握る 高校情報科の教員が実践発表

高校の情報科の教員で構成する神奈川県高等学校教科研究会情報部会は6月25日、オンラインで研究大会を開き、新型コロナウイルスによる休校を受けた、県立高校のオンライン授業の実践を発表した。

今年度から、BYOD方式によるICT活用研究を計画していた県立大和南高校では、一斉休校を受けて計画を前倒しし、各教科・科目でオンデマンド型の授業動画配信を休校中にスタート。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。