代替大会の成績を推薦入試に 高校野球、陸上で文科相が要望

新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった、夏の全国高校野球選手権大会と全国高校総合体育大会(インターハイ)の代替として、高校野球は47都道府県全てで地方独自の大会が開かれることになり、陸上競技も地方大会の個人記録を全国ランキングに反映させる「全国高校リモート選手権」が開催されることが決まった。この動きを受けて萩生田光一文科相は6月26日の閣議後会見で、大会の結果を大学の推薦入試などに反映させてほしいと要望した。

夏の甲子園の地方大会の代わりとなる都道府県独自の大会は、地区ごとの高校野球連盟が主催し、7月から8月にかけて行われる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。