【コロナ時代の教育】役割増すESD 住田昌治校長が講演

新型コロナウイルスによって、日本の学校にとって持続可能な開発のための教育(ESD)が「自分事」になる――。国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた教育の役割を考える有志の会「SDG4.7プロジェクト運営会議」が主催するイベントが6月27日、オンラインで開かれ、アフターコロナにおける学校教育の価値について「カラフルな学校づくり」で知られる住田昌治・横浜市立日枝小学校校長が講演した。

長期間に及んだ休校や感染防止対策を徹底した上での学校再開など、新型コロナウイルスへの対応に追われる学校。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。