共通テストの要項公表 第2日程受験は個別に校長が承認

6月19日に実施日程が決まった2021年の大学入学共通テストについて、大学入試センターは30日、詳細な要件を定めた実施要項を公表した。高校3年生は当初日程(第1日程、2021年1月16日・17日)より2週間遅い第2日程(1月30日・31日)を選択することができるが、在学する学校の校長に新型コロナウイルスによる学習の遅れについての承認を受けることを要件とした。また、第2日程を選択したものの当日、病気などで受けられない場合は特例追試験(2月13日・14日)を受けることになるが、特例追試験は共通テストではなく、これまでの大学入試センター試験に準じる形式で出題される。

文科省は、第2日程の試験会場を全都道府県で設置するとしており、会場確保のため7月1日から3週間ほどかけて、第2日程の受験意向を把握するための調査を全高校に対して行う。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。