教師の専門性の向上を 特別支援教育に関する有識者会議

特別支援教育の課題について検討している文科省の「新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議」は6月30日、第8回会合をオンラインで開き、障害のある子供たちへの教育をどう充実させるか、これまでの会合を通じた論点整理を行った。障害のある子供たちが社会の変化に応じて学び続けられるよう、特別支援教育に携わる教師の専門性の向上や、ICTの活用、関係機関の連携強化による支援体制の充実が求められるとし、論点整理に反映させようと委員が意見を出し合った。

特別支援教育を巡る状況と基本的な考えについては、共生社会の形成に向けて、障害のある子供とない子供が可能な限り同じ場で学ぶ「インクルーシブ教育システム」の理念が重要であり、特別支援教育を一層充実させていく必要があるとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。