埼玉の小中で集団食中毒か 児童生徒377人が腹痛など

埼玉県八潮市で6月29日、15校ある市立小中学校に通う児童生徒377人が腹痛や下痢などの症状を訴え、学校を休んだ。30日も体調不良が残る児童生徒281人が欠席した。草加保健所は集団食中毒や感染症の疑いがあるとみて、15校に同じ献立で給食を提供する市内の東部給食センターなどを調査している。

同市教委によると、市内の小中学校に通う児童生徒が腹痛や下痢の症状で医療機関を受診しているとの報告が、27日から入っていると草加保健所から連絡があり、28日に児童生徒の保護者にメールなどで連絡を取った。

週明けの29日には児童生徒377人と教職員15人が体調不良のため学校を休み、30日も児童生徒281人と教職員5人が登校できなかった。腹痛や下痢などの症状を訴えた児童生徒のうち2人が入院したが、ともに快方に向かっているという。

同市は保健所の指導を受けて、29日は製造元の異なるパンと牛乳を給食に出したが、30日からは原因が判明するまでの間、15校の給食を停止し、7月3日までは午前中のみの授業とすることを決めた。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集