「教員のメンタル不調、いっそうの注意を」 文科省が通知

新型コロナウイルス感染対策をしながらの学校再開が進む中、教職員の心身への過度な負担が懸念されるとして、文科省は7月1日までに、教職員のメンタルヘルス対策に関する通知を、都道府県・政令市の教委に出した。対策として人的体制の整備や、土曜日に授業を行う場合の週休日の適切な振り替えなどを挙げ、さらにメンタルヘルス不調などへの相談体制の充実についても触れた。

同通知では、学校での感染のリスクを可能な限り低減しつつ学校運営を進めるに当たり、「教職員は勤務環境や業務内容が通常時とは異なる中で職務に従事しており、そのことが精神的な緊張や心身の過度の負担につながる」と指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。