環境教育でアクティブ・ラーニング 教員向けガイド作成

環境教育で子供たちのアクティブ・ラーニングを促すため、環境省は6月30日、環境教育を行う教員などを対象としたガイドブック『「学び合う場」をデザインする~環境教育から学ぶ10のファシリテーションスキル~』を作成した。環境教育の考え方やスキルを基に、子供が主体的、対話的に学ぶ場をつくるためのヒントが詰まっている。

ガイドブックは日本、中国、韓国の環境教育の研究者や実践者で構成される「日中韓環境教育ネットワーク」による共同プロジェクトの一環として制作され、日本語版以外に英語版、中国語版、韓国語版がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。