高校新指導要領の国語巡り 学術会議が科目見直しを提言

高校の新学習指導要領の国語を巡り、日本学術会議は6月30日、共通必履修科目や選択科目の構成を見直すよう求める提言を発表した。古典についても、現状の授業では古典嫌いや古典への無関心を生み出していると批判し、近現代と江戸時代以前を分ける考えから脱却し、小中高で同じ教材を繰り返し学んだり、古典芸能を活用したりするといった改善案を示した。

2022年度からの高校新学習指導要領では、共通必履修科目が「現代の国語」と「言語文化」に、選択科目が「論理国語」「文学国語」「古典探究」「国語表現」となり、現行の学習指導要領に比べ科目が細分化される。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。