修学旅行に「GoToトラベル」活用を 教委などに通知

国内旅行代金の半額を国が補助する「GoToトラベル事業」を修学旅行に活用してほしいと、文科省が観光庁と連名で、都道府県と指定都市の教育委員会などに通知した。文書は6月26日付で、児童生徒の保護者の経済的負担を軽減するためにも、旅行業者などを通じて事業の活用を検討してほしいと求めている。

「GoToトラベル事業」は、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けた国内観光の需要喚起が目的。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。