埼玉の給食の集団食中毒 小中15校の発症3453人に

埼玉県八潮市の市立小中学校で、給食を食べた児童生徒や教員の多くが腹痛や下痢の症状を訴えた問題で、同県は7月2日、病原大腸菌による集団食中毒が起きたと発表した。市内に15校ある市立小中学校で6月26日に同じ献立の給食を食べた児童生徒と教員6922人のうち、半数に上る3453人が発症した。いずれも軽症で、入院した2人の児童生徒もすでに退院したという。県は給食を調理した施設を7月2日から4日まで、3日間の営業停止処分とした。

埼玉県保健医療部食品安全課によると、八潮市内の複数の小中学校に通う児童生徒が腹痛、下痢など食中毒の症状を訴え、受診していると、市内の医療機関から草加保健所に連絡があり、調査したところ、6月26日に同じ献立の給食を食べた15校の児童生徒、教員6922人のうち、3453人に症状が見られたという。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。