少人数学級の実現を萩生田文科相に要望 全国知事会など

新型コロナウイルス感染対策において、児童生徒間の距離の確保が学校現場で大きな課題となっているとして、全国知事会、全国市長会、全国町村会の3団体は7月3日、少人数学級の実現とそのための教員の確保を、萩生田光一文科相に面会し要望した。また今後の1人1台の端末を活用した学びにおいても、きめ細やかな指導を行うためには少人数学級にすべきとして、教員やICT教育人材の加配を進めることを求めた。これに対し、萩生田文科相も前向きな姿勢を示したという。

面会後に記者会見した全国市長会の吉田信解・社会文教委員会委員長は「特に少人数学級については、新型コロナウイルスへの対応の上で“密”を生んでいることや、アフターコロナの時代にしっかりした学びの保障を行うことを考えても、『40人学級というのは多いのではないか』という認識を大臣も持っていると感じた」と話した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。