【共通テスト】特例追試験「不利益は被らない」 文科相

2021年の大学入学共通テストにおいて、第2日程の追試として行われる「特例追試験」で、大学入試センター試験の緊急対応用の問題を活用することについて、萩生田光一文科相は7月3日の会見で、「そのことで不利益を被ることはない制度設計になっている」と述べ、一部の出題形式が異なっても、共通テストとの間の公平性に大きな問題は生じないという認識を示した。

萩生田文科相は、第1・第2日程という複数の日程を設定したことについて「日にちや問題が違うので、難易度を含めて全く同じものを作るのは不可能。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。