高校の制服販売業者がカルテル 公取委が排除措置命令

複数の高校の制服販売業者が、独占目的で不当に価格を共同で引き上げるカルテルを結んでいたとして、公正取引委員会はこのほど、業者に対して独占禁止法に基づく排除措置命令を出したと発表した。カルテルが行われていた高校を所管している愛知県教委に対しても、高校が制服の指定販売店に依頼をする際に、販売価格に関する情報交換が行われないように注意喚起するよう通知した。

公取委によると、排除措置命令の対象となったのは、愛知県豊田市内にある豊田北高校、豊田南高校、豊田西高校、豊田高校、豊野高校、豊田工業高校(いずれも県立)で制服の指定販売店となっていた市内の3業者。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。