【学びの保障】文科省通知に即した取り組み事例を紹介

新型コロナウイルスによる休校後の学びの保障に向け、文科省が学校教育活動の新たな方向性を示した5月15日の通知に関連して、同省は7月6日までに、通知内容を踏まえた具体的な取り組み事例を公開した。紹介した事例は、市教委において教育課程の方針を保護者に周知するためのひな型を作成する、時間割編成の工夫と配慮事項を提示するといった取り組みや、ある小学校で学級活動を重点化して行う取り組みなど。それぞれの工夫のポイントについても具体的に示した。

事例集では、ある市教委において、教育課程の方針などを保護者に通知する場合に各学校が活用できるひな型を作成し、「基本的な考え方」「夏休み及び冬休みの短縮について」「学校行事について」など、配布する書面に盛り込むべき項目や情報を提示した例を紹介。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。