九州豪雨 熊本、鹿児島、宮崎3県で臨時休校44校

梅雨前線による集中豪雨に襲われた熊本、鹿児島、宮崎の3県で、学校の休校や短縮授業が相次いだ。文科省が取りまとめた被害情報によると、今回の豪雨では、7月6日午前11時現在、熊本県25校、鹿児島県18校、宮崎県1校の計44校が臨時休校となった。また、鹿児島県で3校が短縮授業となった。

7月3日から降り続いた大雨で、熊本県では球磨川の堤防が決壊。増水で孤立化した同県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿(せんじゅ)園」で入所者14人の死亡が確認されるなど、大きな被害が出ている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。