中学校スマホ持ち込み 「責任の明確化とルールづくりが鍵」

子供のスマートフォン普及率が上昇を続ける中で、学校におけるスマホの取り扱いが大きく見直されようとしている。文科省の有識者会議は、これまで原則として禁止となっていた中学校へのスマホの持ち込みについて、条件付きで容認する方針案を示した。6月25日に教育新聞が実施した「Edubate」の読者投票でも、7月6日午後6時現在で賛成が34%(82票)、反対(容認すべきではない)が40%(97票)、反対(小学校も容認すべき)が21%(52票)と評価が分かれている。生徒がスマホを持ち込むことに対して、学校にはどのような対応が求められるのかを取材した。
保護者の責任を明確にすべき
6月24日の有識者会議で示された素案では、登下校中の災害や犯罪などの緊急時の連絡手段として、保護者を中心に子供にスマホを持たせたいというニーズがあるとして、部活動などで帰宅時間が遅くなることもある中学校で、一定の条件の下でスマホの持ち込みを認めることは妥当だと明記。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。