【入試改革】文科相「異なる民間試験の活用、難しい」

今後の大学入試について議論する、文科省「大学入試のあり方に関する検討会議」の第11回会合が7月7日、WEB会議で開かれた。国内外の英語民間試験の関係者が勢ぞろいし、試験の概要や大学入試に活用する際の論点が提示された。途中参加した萩生田光一文科相は各団体の発表を聞いた上で、「生い立ちや目的を説明いただき、かなりアプローチの違う資格団体の試験を、横串を刺してひも付けをして、大学入試に使うことの難しさを改めて感じた」と発言した。

発表したのは▽ケンブリッジ大学英語検定機構▽ブリティッシュカウンシル▽IDP:IELTSオーストラリア▽ベネッセコーポレーション(GTEC運営)▽日本英語検定協会▽CIEE(TOEFL日本拠点)▽国際ビジネスコミュニケーション協会(TOEIC運営)――の7団体の関係者。……