学習指導要領をコード化 スタディ・ログへの活用を提示

学習履歴(スタディ・ログ)など教育データの活用促進に向け、文科省は7月7日、教育データの利活用に関する有識者会議の初会合を開き、スタディ・ログとして記録される児童生徒の学習内容を学習指導要領とリンクさせるために、学習指導要領をコード化する方針を提示した。GIGAスクール構想による1人1台端末の整備に合わせた「教育データ標準」の第1版として、今年夏ごろに公表する。

1人1台端末の整備によって、児童生徒のスタディ・ログが蓄積できるようになっても、教科書や教材、学習ツールごとにコードが異なっていると、データをそれぞれのサービスで個別に利用することしかできない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。