夜間中学に一定のニーズ 開設目指す札幌市が調査

2022年度の夜間中学開校を目指している札幌市教委は7月3日、さまざまな事情で中学校に通えなかった人や外国籍の市民らを対象に行った、夜間中学のニーズ調査結果を公表した。開設されれば2~3割程度の人が入学に前向きな意向を示すなど、一定のニーズがあることが分かった。

1月21日から2月25日に行った同調査では、自主夜間中学や不登校経験者の支援団体などの協力を得て実施したものと、札幌市に住民票を置く3000人の外国籍市民を無作為抽出して実施したものの2種類のアンケートからニーズを把握した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。