神奈川県が高校入試の出題範囲を削減 学びの遅れに配慮

新型コロナウイルス感染拡大による長期休校の影響で授業の遅れが深刻な中、神奈川県は来年度の公立高校入試の出題範囲を狭めることを決め、7月3日付で発表した。社会、数学、理科については、中学3年生が来年1月末までに学ぶことが難しい分野を出題範囲から除外する。特定の学習内容を出題範囲から除くことが難しい国語と英語についても、3年時に習う漢字や英単語を出題しない。

神奈川県教委は、県内公立高校の入試では中学校で学習していないことを出題しないという前提に立ち、受験生の負担が過重にならないよう、県内の公立中学校長会の代表者らと協議を重ね、同じ設問で入試を行う政令市の横浜市、川崎市などの教育委員会と調整を行ってきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。