英検会場で混乱 コロナ禍の試験・受験運営に課題

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で実施が見送られていた、今年度初回となる英検の第一次試験が6月末に実施された。しかし当日の運営が、SNSで波紋を呼んだ。ヘルスチェックや時差集合の導入など感染予防策が敷かれたものの、全国の会場で「3密だった」「長蛇の列で、なかなか入場できなかった」などの報告が相次いだのだ。会場で何が起こったのか。

当日の運営について、日本英語検定協会の担当者は「混乱が生じたのは事実だが、それで試験時間の大幅な遅延や、試験自体を実施できなかった報告はない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。