「共通テストだけで合否判定」増加も 21年の私大入試

2021年の大学入学共通テストでは複数の試験日程が設定されたことで、私立大学への成績提供は2月8日(予定より6日遅れ)となった。これまで多くの私立大学では、大学入試センター試験を合否判定に利用してきた。成績提供からの期間が短くなることで、私立大学の入試にはどのような影響が想定されるのか。日本私立大学協会の小林弘祐副会長(北里研究所理事長)は「個別試験と併用するには負担が大きく、共通テストの結果だけで合否を判定する大学が増えるのでは」と見る。
「6日遅れ」程度なら混乱のリスクは少ない
――大学入試センター試験を合否判定に利用してきた私立大学は多数あります。今回、共通テストの成績提供が遅れることで、影響はないのでしょうか。
確かに、これまで私大協の加盟大学は9割以上が一般選抜でセンター試験を利用しており、そのうちセンター試験のみで合否判定する大学は65%ほどでした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。