学習履歴が活用される社会 九大副学長が将来像を語る

オンライン授業の普及で学習履歴(スタディ・ログ)の活用が注目される中、超教育協会は7月8日、オンラインセミナーを開き、九州大学の安浦寛人副学長が同学における学生の学習履歴の収集や分析の成果について講演した。安浦副学長は、社会で学習履歴の有効な活用が進むためには、プライバシーを守りながら、標準化されたオープンデータとして扱えるようにする必要があると指摘した。

同学では2013年度から、学生がパソコンを各自で購入するBYOD方式による授業のICT化を実施し、授業中に学生がテキストのどこを見ているかや、内容の理解度をリアルタイムに教員が把握できるシステムを導入。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。