GIGAスクール工程表 デジタル教科書2024年本格導入

自民党は7月9日、教育再生実行本部(本部長・馳浩元文科相)を開き、GIGAスクール構想の実施状況について協議した。席上、文科省は1人1台端末の整備に続くGIGAスクール構想の実現に向けた工程表を提示した。それによると、2023年度に実施する全国学力・学習状況調査の中学校英語で「話すこと」調査について、オンライン環境によるCBT(コンピューター使用型調査、Computer Based Testing)での実施を検討し、24年4月には小学校の改訂教科書の使用開始を契機にデジタル教科書の本格導入を図る。先進国でデジタル対応が最も遅れている日本の学校は、遅まきながらハードとソフトの両面から世界水準に向けてキャッチアップを目指す。

会合の冒頭、馳本部長はGIGAスクール構想について、「予算が付き、自治体によって差はあるが、よちよち歩きでスタートした」と言及。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。