年齢制限緩和で受験者増の地域も 20年度教員採用試験

2019年度に、計68の都道府県・指定都市教委などが行った20年度公立学校教員採用選考試験について、文科省は7月10日、実施方法に関する調査結果を取りまとめた。教員不足や年齢構成の偏りを背景に、新たに9府県市で受験年齢制限を緩和。「年齢制限なし(4月1日現在で満59歳以下)」とした府県市が41に増加した。年齢制限の緩和により40~50代の受験者が大幅に増えた地域もあり、同省は「候補者の幅を広げる上で有効」とみる。

今回新たに「年齢制限なし(4月1日現在で満59歳以下)」としたのは秋田県、茨城県、埼玉県、京都府、兵庫県、鳥取県、札幌市、神戸市の8府県市。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。