オンライン授業で見えた学校の役割 日本教育学会が討論

新型コロナウイルスと共存する社会における学びの保障について議論する、日本教育学会主催のオンライン座談会の第2回が7月10日に開かれ、休校長期化を契機に普及したオンライン授業から見えてきた学校の役割についてディスカッションが行われた。リモート登壇した専門家らは、オンライン授業に関する一連の動きから、学校の存在意義が問い直されていると問題提起した。

座談会では教育工学が専門の堀田龍也東北大学教授、戦後教育史が専門の小国喜弘東京大学教授、教育方法学が専門の石井英真(てるまさ)京都大学准教授が、新型コロナウイルスの影響で現在、学校現場では何が問題になっているかや、今後、学校の役割がどう変わっていくのかについて、それぞれの立場から見解を述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。